結婚式のお楽しみ!ゲスト参加型のウェルカムボードって?

結婚式の準備といえば招待状の作成に始まり、当日まで席順を決めたりプロフィールを作ったり演出を考えたり衣装を決めたりと準備するものがたくさんあってゲストへの気遣いがついついおろそかになりがち。本音を教えて! 結婚式、元恋人を招待したい? したくない?より。

それでも自分たちの結婚式に参列してくれるゲストはあなたたちの結婚を心から祝福してくれる大切な人達です。自分たちからゲストへのメッセージを伝えるのはもちろんのことですが、ゲストからの声を聞きたいと思いませんか?

ゲスト参加型の結婚式のために、そして開場までの待ち時間を楽しく過ごしていただくためにウェルカムボードにオシャレなアレンジするとより温かい結婚式になります。

用意するのはコルクボード、そしてゲストと写った写真、そしてその写真に合うサイズの吹き出しの形をした厚紙、もしくは色紙です。

芳名帳に記入してもらった後で、ウェルカムボード用の厚紙に新郎新婦向けのメッセージを記入してもらい、ゲストの写真の横に吹き出しを貼ってもらい、全てのゲストが参列するとコルクボードが完成するという仕組みです。貼り付けがスムーズにできるように、厚紙の裏側に両面テープを貼っておきましょう。

もしも全てのゲストの写真がない場合は友人にお願いする、もしくは親戚にお願いすると良いでしょう。それも難しい場合は全てイラストで作成するのも良いでしょう。

友人からのメッセージの書いてあるウェルカムボードならば結婚式が終わったら玄関やリビングに飾ることもできます。真ん中にあなたたちの前撮りの写真と結婚式の日付を書いておけば結婚式の思い出にもなります。

結婚式の思い出というのはあなたたちだけは作れません。ゲストがいてこそ結婚式は開催できます。そして何よりも結婚式はあなたたちを育ててくれた両親や一緒に成長してきた友人のために恩返しをする日でもあります。

結婚式が終わった後もウェルカムボードを飾ることで今後家に遊びに来たゲストたちもその1日を思い出し、また温かい気持ちを思い出すことでしょう。さらにアドバイスとして、写真やイラストを用意するのが難しい場合は自分たちの好きな動物をかたどった切抜きをゲストの人数分用意して書いてもらって好きなところに貼ってもらうのも楽めるでしょう。

自分たちの結婚式がゲストにとっても思い出の1日となるように、引き出物や料理などしっかりとこだわっておもてなしをしていきたいですよね。また、メッセージを書いてもらったウェルカムボードはせっかくなので披露宴中に自分たちの近くに置いておくと写真も撮りやすく、演出の一環にもなりますのでぜひボードを披露宴時の雛壇の近くにおいておきましょう。

ゲストにも楽しんでもらうためにも、結婚式に向けての準備はこだわってみませんか?